Read Article

自然に見える”まつげエクステ”Part3〜自分に合った長さを見つける〜

自然に見える”まつげエクステ”Part3〜自分に合った長さを見つける〜

こんにちは!
表参道でアイリストをしているAYAKAです。

マツエクを、自まつげのように自然に付けるにはどうしたら良いか。

わたしが日々のサロンワークの中で
大切にしている
“自然なまつげに仕上げる為のこだわり”
をブログを通して紹介してきました!!

今日は、その3回目。
マツエクを自然に見せる為のポイントその3!!
長さ選びについてお伝えしたいと思います。

その前にパート1・パート2がまだの人はこちらからご覧ください❤︎

パート1
http://ripple-omotesando.com/blog/?p=1782

パート2
http://ripple-omotesando.com/blog/?p=1789

ポイント3 自分に合った長さを見つける

自然なマツゲに仕上げる為に欠かせないのが、付けるエクステの長さ選びです。

エクステの長さは、短いもので4mm〜長いもので16mm程度まであります。

このブログを読んで下さってる中で、まつげエクステを付けたことがある人は、
10mm・11mm・12mmあたりが馴染みの長さではないでしょうか。

自然に見えるエクステの長さを選ぶ際、わたしがお客様を担当する中で大切にしていること。

それは、瞳の大きさの半分から3分の2の長さで仕上げること。

どういう事かというと、目を開けたときに、まつげの長さが瞳の直径の半分〜3分の2
の長さに見えるようにエクステを付けています。

実際に担当しているお客様の写真を撮らせて頂きました。

瞳より半分の長さ

瞳より3分の2の長さ

この範囲内の長さで仕上げると
“まるで自まつげが長い人”と周りの人から思ってもらえるのです!!

逆を言えば、瞳の大きさより長くなると、目が重たく見えて不自然な印象に・・

アイリストの仕事をしていると、長さは何mmが自然に見えますか?と質問を頂くことがあります。

エクステの太さについては、細いものを付けた方が自然に仕上がると、どなたにも言えますが、長さに関しては人それぞれ自まつげの長さや生えている向き(上向き、下向き等)が違うので、個人差が大きく出てしまう。

そのため何mmで付けると自然に仕上がる!!という断言が難しいのです。

ですが、今まで施術をしてきた経験からお伝えすると12mmより長いエクステは下向きに生えている人を除き、長すぎるなぁ。。という印象です。

目尻のきわにポイントで長さを出すのは素敵ですが、黒目の上に長いものを付けると、まぶたが重たく感じ、返って目を小さく見せてしまう恐れも・・

自然な長さ選びには、瞳の大きさとのバランスがとても大切になってきます!!

マツエクを、自まつげのように自然に付けるポイント。

次回のブログではカールの選び方についてお伝えします!!

AYAKA

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top